Skip to main content

Site Navigation

Your Account

Choose Language

Help
Editing Step 52 —

Step Type:

Drag to rearrange

先に熱収縮チューブを通しておいてください。

銅線部分は前後余裕をもたせて全て覆える量のチューブを使いください。

ワイヤーを加熱しすぎると、余熱で熱収縮チューブが収縮してしまいますので、ご注意ください。